新規の方が多かった前回と違い、新規の方は1人のみ。
それでも前回に引き続いての参加者が居たりするのは非常に嬉しいですね。
その割に人数はいつも通りなんですが、まあいつものことです(

というわけで、いつものようにシングルバトルから。
ポケモン性別とくせい
わ   ざ
もちもの
ライボルト
ひらいしんボルトチェンジオーバーヒートめざめるパワーエレキフィールドライボルトナイト
ヒードラン
もらいびだいもんじラスターカノンだいちのちからしぜんのちからとつげきチョッキ
ギャラドス
いかくたきのぼりじしんゆきなだれでんじはゴツゴツメット
ロトム
 
ふゆう10まんボルトリーフストームあくのはどうでんじはいのちのたま
ローブシン
こんじょうドレインパンチはたきおとすマッハパンチれいとうパンチオボンのみ
ガブリアス
さめはだげきりんじしんがんせきふうじつるぎのまいラムのみ
今回のパーティの軸はなんといってもエレキフィールド。
初期の頃からフィールド系の技を使ってみたいなと思っていましたが、なかなか良い組み合わせが思いつかず。
グラスフィールド+メガガルーラでひみつのちから眠り判定2回、も効果判定1回ということで断念。
しかしORASのスーパーひみつきちに向けてGTSで集めたヒードランのレベル上げをしていたところ、わざマシンでしぜんのちからを覚える事が判明。
エレキフィールド下で10まんボルト、通常下でもトライアタックと予想外の技を撃てるのでこれを構築の軸に。
当然ではありますが、エレキフィールド要員のライボルトにも電気技があるので威力1.5倍の恩恵を受けます。
(なお、ロトムは浮いている為特殊環境下でないと恩恵はありません)
解説の解説としてフィールド技考察を書いたのでそちらも参照で。

個別解説

※ライボルト
エレキフィールド要員のメガ枠。
エレキフィールドを覚えるポケモンは極少なく、自然に入るのがライボルトだけでした。
テンプレ構成から10まんボルトをエレキフィールドにしたため威力アップの恩恵がイマイチではありますが、
後続に繋ぐという形を考えるとボルトチェンジは切れませんでした。
エレキフィールド入りである点以外はテンプレで配分もおくびょうCS。
めざめるパワー氷個体は前回のダブルからの使い回しだったりします。

※ヒードラン
エレキフィールドから繋ぐ要員で構築の肝。
フェアリーが重かったりヒードランがきつかったりでフルアタになり、こだわりメガネが好相性ではあるんですが
しぜんのちからを入れることで打ち分けが重要なので他のアイテムに。
水技をチョッキで耐えて10まんボルト撃ったらカッコ良いということで、とつげきチョッキを採用。
なお、しぜんのちからは変化技なので選択できなくなりました。本末大転倒(
配分はS調整のHC。数値いくつにしたんだっけな
ちなみに第38回シングルからの使い回し。
第4世代のダブルで使ってたのとはまた違う個体だったりします。

※ギャラドス
上2体の相性補完。地面や水に強いので好相性ですね。
メガシンカできるポケモンなのでその辺りの翻弄もできて一石二鳥ですね。
構成はテンプレのいわゆるゴツメギャラ。
ポケモンボックスの宝箱から取ってこようと思ったらWiiが壊れたので孵化する羽目になった裏話があったりします(
そこまでゆきなだれに拘ったのはこおりのキバの命中難。
自分の見る限りでは命中が5割かそこらなので、できれば使いたくない技です(
配分はわんぱくのHBですね。

※カットロトム
同じく水や地面、もっと言うと水無効の水地面対策。どちらかというと草タイプとしての採用ですね。
あとはマリルリがトラウマなので、マリルリに有利なポケモンということで(
前回のウォッシュロトムと同じくあくのはどうを採用。
今回はでんじはとあくのはどうでまひるみを狙います(
あとはギルガルド相手に(以下同文
配分はひかえめのCSですね。前回と別個体となります。

※ローブシン
岩の一貫性がきついのと、対ガルーラが重いかなということでローブシン。
とつげきチョッキはヒードランに持たせたので今回はオボンのみ。
38回シングルでハチマキガブリアスのげきりんをオボン込みで2耐えで使っていたので
あえて配分は変えずいじっぱりHBのままで運用してみました(

※ガブリアス
同じく対岩。及び対電気要員。
全体的に一撃で決めるタイプのパーティじゃないので、ステルスロック不採用型。
状態異常対策も薄いのでラムのみを持たせてつるぎのまいを採用してみました。
配分はもちろんようきASですね。


以下が対戦経過です。なお、今回は総当たり戦でした。
上からポケモンを出した順番で横の数字は倒れた順番です。
反動やだいばくはつ、みちづれ等で倒れた場合は同じ数字が付きます。
背景がグレーのポケモンは実際に対戦では出ていないポケモンです


1戦目 くろいのさん ○
おくの
くろいのさん
ヒードラン1カイリューヒードラン
3ギャラドス2ゲンガーサーナイト
ローブシン4ルカリオビビヨン
ビビヨンが居るのでねむりごな対策にライボルト、といきたいところでしたが
そもそもこのパーティ相手にビビヨンの選出があり得ないと思って切りました(
若干不利な初手ではあったんですが、型がりゅうのまいカイリュー。
ギャラドスに交代、ゆきなだれと当てるも2積みされてしまいます。
しかし次のターン飛んできたのがじしん。げきりん読みヒードランってところでしょうか。
ここでゆきなだれを選んでいたので無傷でカイリューを倒すことに成功します。
続くゲンガーはでんじはを入れてたきのぼり。
最後のルカリオにギャラドスが倒されはしましたが、HBローブシンなら耐えられますね。
若干読み合いを放棄してのラッキー勝利ではありますが、幸先の良い勝ちを得ました。

2戦目 あやたかさん ×
おくの
5ローブシンクチートポリゴン2
1ギャラドス2クレセリアキノガッサ
3ガブリアス4ニョロトノガブリアス
不利ってレベルじゃない初手でローブシンは引かざるを得ず。
ギャラドスで受けに行くもはたきおとすを受けてゴツゴツメットを失います。
続くクレセリアをまひるみで削り、ガブリアスのつるぎのまいのターンも怯んでワンチャンスをものにします。
が、ニョロトノがスカーフ持ちであえなく撃沈。
ローブシンでれいとうビームのみのニョロトノを突破するも、ローブシン対クチートではほとんど勝ち筋がありませんね。

ちなみに2戦目を終えた段階で全員が1勝1敗という珍事。
早くも全勝が居なくなりました。

3戦目 ポムともきさん ×
おくの
ポムともきさん
4ライボルト2ゲンガーガブリアス
1ロトムファイアローマリルリ
3ヒードランヘラクロスギルガルド
あまり芳しくない初手ですが、後続が後続なので突っ張る他なし。
さいみんじゅつ云々より火力面の心配からエレキフィールドの初発動となりました。
しかしボルトチェンジを入れてもゲンガーを倒しきれず、交代先のロトムを潰されます。
ロトムの死に出しからライボルトでゲンガーを倒すも、HP的にブレイブバードが微妙でヒードランにチェンジ。
さあ10まんボルトチャンス!と思いきやエレキフィールドが終了。
ついでにとつげきチョッキの効果でしぜんのちからを出せないことをここで知ります(
ここでおいかぜを撃たれ、だっしゅつボタンで帰還。
最終兵器のメガヘラクロスにライボルトでも先手を取れず、あえなく敗北となりました。

4戦目 田中さん ○
おくの
田中さん
2ガブリアス1炎ロトムカイロス
4ローブシン5ライコウポリゴン2
ロトム3ギャラドスラグラージ
前3戦と違い初手はまずます。
田中さんの性格的にめざパ氷もなさそうなのでつるぎのまいを決め、返しのどくどくはラムのみと上々の立ち上がり。
あいにく一撃で倒せずどくどくを受けますが、とりあえず倒すことには成功します。
続くライコウにみがわりで毒のスリップダメージを稼がれ、めざめるパワーで倒されてしまいます。
返しでローブシンを出すとギャラドスに交代。このターンはたきおとすでアイテムが落ちなかったのでお察しですね。
ドレインパンチ2発でメガギャラドスを、高耐久と回復が相まって僅かなHPの消費で倒すことに成功します。
残るライコウはギリギリで突破できず(いかく入ってるの忘れてました)ローブシンが倒されますが
ロトムが美味しいところだけを持って行って勝利となりました。

5戦目 ロムさん ×
おくの
ロムさん
1ローブシン2ガブリアスゲッコウガ
3ギャラドスポリゴン2バシャーモ
4ガブリアスニンフィアバンギラス
初手からまさかのメガシンカ。超火力のげきりんを受けますがHBローブシンには・・・2発目が急所で致命打でした(
ローブシンが撃った技がはたきおとすだったので次をガブリアスには任せられず、ギャラドスで突破。
ポリゴン2にはほうでんを受け、痺れた隙につるぎのまいを積むもれいとうビームであっけなく2タテ。
急所が痛かったとはいえポリゴン2が無理ゲーでした・・・

6戦目 くりつえでぃあさん ○
おくの
くりつえでぃあさん
ライボルト2ゲンガーヒードラン
ガブリアス3フシギバナボルトロス化
ヒードラン1ボーマンダファイアロー
ポムともきさんの時と同じ初手、ということでここはエレキフィールド安定ですね。
くりつさん側は交代でフシギバナということで、これ以上ない場面での発動となりました。
エレキフィールドに混乱したくりつさんとの交換戦の末、
だいもんじで火傷したボーマンダをライボルトで仕留めることに成功。
続くゲンガーもボルトチェンジ急所で一撃。
そしてフシギバナはねむりごなではなくどくどくだったというオチ。
普通にバトルしていたら五分以下だったでしょうか。
こういう勝ち方が出来るからオフではこういう戦法使うのやめられません(

7戦目 ドラハンさん ○
おくの
ドラハンさん
ライボルト1ギルガルドファイアロー
ローブシン3サンダースマリルリ
ギャラドス2ガルーラゲンガー
初手が初手なのでオーバーヒートぶっぱ。サンダースに換えられますがきにせず連発します(
サンダースのどくどくが外れた為、ローブシンに換えていただきます。
安定行動ではたきおとすを撃つと当たり前のように急所に当たってギルガルドが一撃でした(
続くメガガルーラもHB振りが活きて突破に成功。
残るサンダースをマッハパンチで仕留めてフィニッシュ。
火力が足りないなら状態異常で補うということですね(ただの運勝ち)


ということで4勝3敗の結果に終わりました。
2戦目で全員イーブンということもあり、1位は5勝2敗の田中さんながら2位のラインが4勝3敗で3すくみ。
残りポケモンの数やらなにやらでギリギリ2位という成績になりました。
エレキフィールドを勝ち筋にすることも出来たし、言うことなしの結果でした。
ちなみに今回、メガシンカポケモンは8人で10体居たんですが
被りなしの10種類という珍記録が生まれました。
カイロスやガブリアスとあまり見ないメガシンカポケモンが居る辺り道オフらしいなという結果ですね。

続けてはダブルバトル。
前回4すくみが起きたことから、若干人数が多いものの全員での総当たりに。
シングルで3すくみ起きてた時点で嫌な予感はしてたんですけど
いざやると2桁試合は久々だったので辛かったですね(
ポケモン性別とくせい
わ   ざ
もちもの
ハッサム
テクニシャンむしくいバレットパンチはたきおとすばかぢからこだわりハチマキ
ロトム
 
ふゆう10まんボルトハイドロポンプよどこりまもるオボンのみ
ファイアロー
はやてのつばさブレイブバードフレアドレイブオーバーヒートまもるするどいくちばし
コジョンド
せいしんりょくけたぐりいわなだれねこだましワイドガードいのちのたま
プクリン
かちきマジカルシャインハイパーボイスだいもんじまもるたつじんのおび
ガルーラ
せいしんりょくすてみタックルアームハンマーふいうちまもるガルーラナイト
流行のフェアリータイプを先制技で殴って倒したいということでハッサムにファイアロー。
しかし先制技はファストガードに弱い技。何らかの攻略手段が必要になります。
フェイントという手もありますが、以前使って微妙だったということで
今回はよこどりで奪ってしまうことにしました(

個別解説

※ハッサム
構築の軸。
つるぎのまい型が一般的ですが、今回合わせるのがよこどり。
2つの技を同時発動するとつるぎのまいをよこどりしてしまいます。
ファストガード以外にもよこどりしたい技はあるだろう、ということでこだわりハチマキで事故を防ぎます。
概ねバレットパンチを撃つことになるとは思いますが、
せっかくなので前作教え技3つをふんだんに盛り込んでみました(
配分はいじっぱりHAですね。

※ウォッシュロトム
よこどり要員。
旧教えも含めると覚えるポケモンはかなり多く、もう1体枠裂いて入れようか迷ったポケモンも居ました。
(ちなみにタマゴ技で覚えるファイアローじゃないです)
ウォッシュロトムはタイプ一致2技+まもる+何かで枠的に余裕もあるので自然に採用できました。
配分はひかえめHCですね。

※ファイアロー
いつもの害鳥。
先制技多用パーティでおいかぜもファストガードもあまり必要ないということでオーバーヒート型。
ただいのちのたまでの運用が基本ながら、持たせられなかったのが若干気がかり。
もくたんのほうが良かったのか・・・今回一番しっくりこない部分でした。
配分はいつものやんちゃAS。

※コジョンド
ねこだまし+ワイドガード入りの格闘枠。
同じ立ち位置にカポエラーが居ますが、まけんき・かちきの採用率が上がってきている為
前回のキリキザンのトラウマからいかくを嫌ってコジョンドを採用しました。
いのちのたまを持てばけたぐりでガルーラを確定ということで持ち物はいのちのたま。
いわなだれは相性補完というより怯み狙いでの採用ですね(
構築的に全体技が通りやすいので、ワイドガードは外せませんね。
配分はテンプレのようきAS。

※プクリン
かちき枠の特殊アタッカー。
カロスダブルのテンプレではありますが、全国でも活躍出来るかなということで。
被りポイントを見るに威嚇の採用率も高いので、かちき発動から火力爆発させられるでしょう。
配分はひかえめでC極振りSがクチート抜きで残りBのテンプレ配分です。

※ガルーラ
良く考えたら今回もメガ枠が余ってました(
やや尖ったポケモンが多く、安定性に欠く為安定性の高いガルーラを採用。
全体技はないものの、何となくまもるがあると便利そうだったのでまもるを入れてみました。
個人的にねこだましがなければきもったまである必要もないかなということで特性はせいしんりょく。
ガルーラにねこだましを撃ってくれれば御の字でしょうか。
配分をいじっぱりHAにしたのでアームハンマーを入れてトリパ耐性を付けてみました。


以下が対戦経過です。なお、今回は総当たり戦でした。
上からポケモンを出した順番で横の数字は倒れた順番です。
反動やだいばくはつ、みちづれ等で倒れた場合は同じ数字が付きます。
背景がグレーのポケモンは実際に対戦では出ていないポケモンです


1戦目 ポムともきさん ×
おくの
ポムともきさん
1ロトム3テラキオンゲンガー
2ガルーラ4ガルーラ
6ハッサムギルガルドサザンドラ
5ファイアローランドロス霊
凄く迷いましたが、初手はガルーラをメガシンカなしで突っ込むことに。
相手はファストガードとねこだましをロトムということでよこどりが正解。
ただ対人メタの観点からも(ダブルの)初対戦でよこどりまでは流石に狙えませんでした(
初手対面で出し負けていることもあり、第一手の撃ち負けは致命的。
そのままズルズルと負けに向かってしまいました。

2戦目 竹さん ×
おくの
竹さん
2コジョンド1カイリューガルーラ
3ファイアロークレセリア
5ハッサムエンテイハッサム
6ガルーラ6トリトドン
やや出し負け感のある初手ながら、とりあえずカイリューを潰そうとねこだましを撃つとせいしんりょくでした(
辛うじてフリーフォールを耐えるも、2:1交換とやや不利な展開に。
エンテイとハッサムの対面から焦ってふいうちを撃つもしんそくと裏目。
結局せいなるほのおを浴びてハッサムが倒され、勝ち筋を失ってしまいました。
ちょっと立ち回りが雑すぎましたね・・・

3戦目 田中さん ○
おくの
田中さん
1ファイアロー2ファイアローミロカロス
6ロトム3サンダー
4ガルーラ5ゴウカザルキリキザン
ハッサム7サーナイト
実のところよこどりにおける最大の仮想敵はサルサナ構築。
まずは初手から問答無用でおいかぜをよこどりします(
ならばと田中さんは両おいかぜで対抗。
メタにはメタで返されますが、よこどり使ってませんでした(
※1ターンでよこどりできる技は1つまで
ハイドロポンプ外しなんかも絡み、一進一退の展開ながらロトムが残ったまま。
HP僅かのロトム、ゴウカザルと満タンのハッサム、サーナイトという構図に。
当然ここがファストガードチャンスということで、2度目のよこどり。
ゴウカザルをバレットパンチで倒し、ハイパーボイスを耐えれば勝負ありですね。
最大の仮想敵を相手に最大のパフォーマンスを見せてくれました。

4戦目 木明 遥さん ×
おくの
木明 遥さん
4ファイアローガルーラボルトロス化
3コジョンドモロバレル
1ハッサムクレセリアランドロス霊
2プクリンヒードラン
構築的にトリパを想定していましたが、全然トリパじゃありませんでした(
ランドロスの選出もなくプクリンも良いところなし。
結局いつもの通り一方的な展開で4-0の負けとなりました。
どうしても木明さんとの試合は一方的ですね(

5戦目 あやたかさん ○
おくの
あやたかさん
コジョンド2ボルトロス化ウインディ
3プクリン4クチート
ロトム1ガブリアスサザンドラ
ハッサム5クレセリア
クチートにウインディとあればプクリンを先発するしかないですね(
これがズバリ決まってかちきが発動。対面も良好ですね。
初手はクチートが素直に動くはずないので交代読みのマジカルシャイン。これも見事に決まりました。
死に出しがクチートで4段階上がったのでハイパーボイスを撃ってみましたが、流石にメガクチートは倒せませんでした。
とはいえボルトロスを倒して3-2の状況。
ある程度削ったクチートさえ倒せばあとはハッサムでクレセリアを倒すだけ。
予想以上にプクリンが活躍してくれました。

6戦目 ロムさん ×
おくの
ロムさん
4ガルーラトゲキッスポリゴン2
2コジョンド3ドリュウズ
4ファイアロー1カポエラー水ロトム
6ハッサムリザードン
見せ合いの段階でドリュウズがかたやぶりなのは見えていましたが、こちらにとっては割とどうでも良い事でした(
だっしゅつボタンからのカポエラーのいかく連打に惑わされつつも、倒すことには成功。
しかしトゲキッスのじゃくてんほけんとおいかぜで一気に漂う無理ゲー感。
先制技をまとめて辛くももドリュウズを倒すも、このゆびトゲキッスの隣にはふいうちが届かず。
メガリザードンYと同速対決をしようにもこちらのガルーラはS無振りでどうにもならず。
おいかぜが止まって晴れフレアドライブをトゲキッスに入れるも耐えられ、あとはメガリザードンの天下でした。
結局じゃくてんほけん関係なしにトゲキッスが無理ゲー。ハッサムの投入が明らかに遅すぎましたね。

ちなみに前回の両リーグ優勝ということで散々プレッシャーをかけましたが、両方負けました(

7戦目 ドラハンさん ○
おくの
ドラハンさん
2ファイアロー6氷ロトムカメックス
4ロトム1ガブリアス
5ガルーラ3シャンデラカポエラー
ハッサム7ユキノオー
ハイドロポンプとブレイブバードでガブリアスを倒す幸先の良いスタート。
しかしハイドロポンプの3連外しの挙句ガルーラが凍る展開。
4連続にならず辛くもシャンデラを倒すも、ロトムが倒されてしまいます。
凍って動かないながらもガルーラが耐えており、壁となってロトムをむしくいで一撃。
残るメガユキノオーも効果バツグンのむしくいで一撃。
運の悪い展開ながら、構築の相性の所為か辛勝で済みました(

8戦目 くりつえでぃあさん ○
おくの
くりつえでぃあさん
1コジョンド5ボルトロス霊ランドロス霊
4プクリン3レパルダス
ハッサム2クレセリアモロバレル
ガルーラ6クチート
クチートにランドロスとあればプクリンを先発するしかないですね(
残念ながら先発には来ませんでしたが、幾分かプクリンを動かしやすい初手。
初手はねこだまし合戦で終わりかなと思っていると、レパルダスのねこだましがコジョンドへ。
タスキ警戒で当たれば御の字と言ってましたが、ここでのアドが最後まで響いていた気がします。
ボルトチェンジから出てきたクチートのいかくでかちきが発動し、ハイパーボイス2発といわなだれでクレセリアを突破。
コジョンドが倒されるも、クチート以外はバレットパンチの圏内とあれば後はハッサムの仕事。
最後のクチートはメガガルーラのアームハンマーで削ってハッサムにお任せ。
プクリンのゴリ押しからハッサムの流れはかなり良かったです。

9戦目 くろいのさん ○
おくの
くろいのさん
1ロトム4ボルトロス霊ヒードラン
プクリン2ランドロス霊
ガルーラ5クレセリアキノガッサ
ファイアロー2クチート
クチートにランドロスとあればプクリンを先発するしかないですね(コピペ)
今回は見事に初手がランドロスでいかくからかちきが発動。
しかしプクリンがまもったところ、ロトムに集中攻撃を受けてあっさりと倒されてしまいます。
ガルーラを出すもクレセリアが出てきて、どうしようか困っていましたが
「あっ」
という声が聞こえ、次の瞬間クチートとランドロスが登場。
プクリンの特攻が6段階目まで上がり、ハイパーボイスで2体共々一撃で倒れてしまいました(
ガルーラの攻撃が下がっていたのを忘れ、ボルトロスの痛い一撃を受けはしましたが倒すことには成功。
クレセリアがねむるを持っていましたが6段階アップの前では意味をなさず。
残ったポケモン数を減らさないよう立ち回って倒すだけでした。

10戦目 もょもとさん ×
おくの
もょもとさん
2コジョンド3ファイアローウインディ
1ロトムテラキオン
4ファイアローフシギバナサザンドラ
5ハッサムギルガルド
このパーティにとって辛い相手ばかり。肝心のいかく要員もウインディなのでプクリンが出しにくいったらないです。
初手からファストガードかおいかぜ読みのよこどりをするも交代であっさり外され、
メガフシギバナにロトムが倒され、続けざまにコジョンドもダウン。
ハッサムで何とかしようにもロトムなしでファストガード持ちが居たんではどうにもならず。
ギルガルドとメガフシギバナの並びが割とどうにもなりませんね、これ。
メガフシギバナ・・・覚えておきますよ。ええ・・・

ということで5勝5敗のイーブン。
順位はシングルと同じく3すくみで残りポケモンの数まで行ったので出してません(
全体的に思っていたことはあまりできませんでしたが、その割には勝てました。
相手のやらかしによる勝ちもあり、『勝ちに不思議の勝ちあり』とはよく言ったものです。
主にプクリンのかちき発動が原因で10戦中6回発動の合計12段階アップでした。
よこどりに関しては可能な技、不可能な技が多々あって扱いが難しく
技構成がある程度分からない事には何とも扱い難かったですね。
若干手の内が分かっているオフ会でこれなので、ランダムとなると困難が見えそうですね。

対戦会の後は『カービィファイターズZ』と『マリオパーティDS』とポケモンの3組に。
自分はDLしていたこともあり『カービィファイターズZ』をプレイ。
『カービィトリプルデラックス』の所持もあり、一番やりこんでいるはずでしたが一番雑魚でした(
それでも楽しくみんなで盛り上がれるのはやっぱり良いですね。
パクリ元今度発売されるスマブラもこれから楽しみですね。

その他にはマルチバトルやポケモンの交換も。
マルチバトルは新ネタにミラクル交換で入手したビビヨン(マリンの模様)を使いましたが、伝説のポケモンにフルボッコされました(
GTSやミラクル交換で入手したポケモンは対戦会では使用禁止ですが、こういった場面では使用可能。
自力で孵化しても手に入らないだけに活躍させたかったですね。
(とはいえ、北海道の『雪国の模様』と違いが分かりにくいのがネックなんですけど)

二次会はいつも通りガスト。
ORASの発売が近づいていて自然とそういった話題に。
もちろん自分はコンテスト関連が楽しみなんですが、そういった話題に付いてこれる人がほとんどいないのも実情。
ところが少し深い話題にも付いてこれる人が居たというのはなかなか嬉しい話です。
『ポケモンコンテストライブ!』も取っ付き易くなってプレイ人口が増えると嬉しいですね。
そんなこんなで皆さんお疲れ様でした。

戻る

トップに戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット